巳年

そんなわけで新年、明けましておめでとうございます。
このところ訃報続きだったので、久々にあけおめ出来る1年になりました。
そんなこんなで2013年、今年もゆるめにやってこうとおもいますよ。

と化石
WS014853.png
こういう仕事が得意そうな感じしますよね。
でも貴重品はプリンになる判断基準

さて、今年は巳年。
WS014849.png
そんなわけで、白蛇に絡まれる一寸たんからスタートしたいと思いますよ。
白蛇は神の遣い、とも言われていますが…指に満たない一寸法師の身にとっては危険な猛獣には変わりなくて…。
一度巻きつかれてしまえばその白身の抱擁を振りほどくことはなかなかできず…

つるり、と。
WS014851.png
小ささ故に、食べられる間に絞めつぶされる…なんてことにはならなかった様子。
でも、生き延びるということは、生きたまま胃に収められるということでもあって。

周囲はすべて、くにゅくにゅと蠢き、ぐっしょりと湿った消化器の壁。
蛇の体温のとおりはじめは冷たさを感じるような喉肉も、体の奥へ進めば進むほどどんどん熱を増していって…。
くちゃくちゃ、自分ごと粘液をかき混ぜる音が耳を覆うように響いて…。

どろり、どろり。
蛇の消化器官は袋状ではなく長く続く筒状の器官。

その中をじわじわ奥へ、奥へと送られ、トロトロにされていく。
そんな行為は、いつまでも終わりなく。
どこまでも、熱く、熱く…。


新年さちみり
WS014843.png
サチホミリアは、やっぱり5年目も変わらないD-gateの代表。
戦い慣れた二人が揃えば、困難なエキドナでもお互いの力を引き出しあって倒していくことが出来る…
そんな、相性の二人。

でも、そんな2人以外のコンビになると、そう上手くもいかないようで……
WS014856.png
サチホサイドもやっぱり、ミリアと組んだとき以外はこんな風になってしまうことはたくさんあるみたいです。
今回の相方は小虎。虎耳っ子で仙人の卵。なんだかんだで3年前、寅年生まれの干支キャラだったりしますよ?

サチホミリアがコンビのときはお互いが相手に気を遣わず上手くいく。
そんな、ぴったりの相性。
でも他の相手とだとどこかでフォローする場面が出てきて、そのスキを突かれて……なんてことに。

2人まとめてぺロリと丸呑み。生暖かい胃袋で、服も、肌もトロトロになる粘液にじっとり包まれて。
そのまま、体の芯まで蕩けてしまうまで、分厚い肉壁の蠕動でこすりあわされて……

勝ちフラグじゃないそんな部分もまた二人の、そしてコンビ相手の魅力の一つ。
そんな肉色のD-gate、2013年もほんのり発進中です。


さて、正月といえば恒例の干支キャラ。
今年は巳年ということで、すでにラミアさんやメデューサなどたくさんの蛇女系キャラが居ますが…
やっぱり、そんななかでも一番はらぺこキャラカリスマといえば、この方ですよね。
WS014858.png
卑巳呼さま。
今年は原作の枠を少しだけ乗り越えて、いろんな活躍をしてくれたら楽しいかな、なんて思っています。

白蛇も、大蛇も、卑巳呼にかかれば思い通りの手足となりて。
WS014857.png
小蛇の纏わりつき、眷属大蛇を使った責め、自身が大蛇に変身して直接……。
あれこれの活躍、これから少しずつ出てくるかもしれません。


そんなわけで、なんだかんだでちょっぴり和風な、年明けでした。


↓年末年始の拍手返信は、まとめてmore...から↓

<More...>

tag : 丸呑み 肉壁 一寸娘 サチホ ミリア 小虎 ショートストーリー

フェアリーテイルと狼と


くすぐりプレイも、直接的なエロじゃない感じのエロス。そのへんうちでの丸呑みに近い部分がある気がします。
この作品には百合くすぐりとかもあってなかなか良い感じそうです。

ぷきとわらしべ長者
WS014634.png
色々交換するけどやっぱりサチホがくれるプリンが一番好き。

どっちかというとネズミの嫁入りな話ですねこれ
巡り巡って色々あって、それでもやっぱり一番いいのはいつもの人といつものご飯…なのかもしれません。


そういえば、先週あたりに発売になったクイーンズブレイド・グリムワール。
赤頭巾のザラの技に「相手を丸呑みして即死させる」アクションがあるらしいですね。

QBといえば対戦ビジュアルブック。小柄な対戦ヒロインさんがパックリ食べられてしまう、そんな時代になったのかもしれません。

そんなわけで、今日はうちでもウルフさん。
121202a.jpg
童話の狼は、本気になれば怪物にだってなれるのさ。
って感じで頭付きのデザインにしてみたり。

ちなみに大きさはどのくらいかというと
WS014645.png
おおきいですね。
そりゃ赤頭巾ちゃんでなくてもペロリと丸呑みされてしまいそうです。


美味しい兎は、生きたままが一番。
121202b.jpg
口内で嘗め回されて、唾液をたっぷり絡められて。
そうして準備が整った身体は丸められたまま喉の奥…。
喉の入口はゆっくりと口をあけ、舌の付け根が持ち上がって壁のように口腔への道をふさいで。
頭の上にのしかかるのは喉の入口、口蓋垂。
そこを超えたら、その先はもう狼の体内で。

獲物が通り抜ける感触をことさら味わうように、嚥下はゆっくりと。
周囲の食道が一瞬締まったと思ったときには、身体はもう熱い深みの底へと滑り落ち始めていて…。

ずるん…。
WS014613.png
そのままの姿勢で、チューブを絞るように押し出されたのはとても柔らかく、とても広い場所。
そこは、今までよりも一層熱くて、一層トロトロで。
体がどこまでも沈みこむようなネットリした襞の層。
床から、壁から、天井からもどんどんとあふれ出す熱くてヌルヌルした液体。
そんな柔らかく蕩けた空間なのに、底無しに思える肉襞の底のほうは分厚い筋肉と内臓でしっかりと支えられていて、先ほどまでのように滑り落ちることも、突き破ることもできないほどにガッチリと包まれて。

そこは、狼の胃袋。

赤頭巾も、羊も、時計の兎もそこへ入れば同じもの。
ただ、食べられて栄養になるのを待つ「食事」の一部、で。

熱い胃液と、蕩ける肉襞に絡められた身体は次第に栄養に変わるのに相応しい状態に変えられてゆく。

…でも、

そうして食べられることが、何故だか不思議と幸せなことにも思えて…。

魔物に食べられるのは至福の快楽、といいます。
それを味わうことは普通ではできないし、味わうということはそのまま食べられていってしまうのでしょうが…

…もしかしたら、他の行為では到底得る事のできない感覚で、溺れさせられてしまう感じなのかもしれないですね。


シャチ系人魚の女王さま
WS014642.png
気に入った人間を海の底へ攫って、可愛がったりしてしまうそうです。
攫われた人にとっては災難かもしれないけれど、でも、それもそれである意味幸福だったりするのかも?


アイテールさんのアクション
WS014257.png
なんか尻尾の形状のせいで、本家よりもサマソの切れ味がよさそうですね。
地上を突進してくるタイプではないので、動きとしてはレウスの方に近い、あるいは複合した動きなのかもしれません。

<More...>

tag : 丸呑み 肉壁 モンスター娘 クロノ ショートストーリー セシ子 体格差 百合

騎僧丼


世界樹系CG集とか。サンプル2枚目のスライムなんか良い感じに見えます


ホリ・サチホ
WS013200.png
Mr.ドリラーが3DSウェアにあったのでプレイ中。
なかなか難しいですね、ドリラー。何度も挑戦してやっと500mコースをクリアできました。
次はエア消費の早い400m……なかなか掘りがいのあるミッションがそろってるみたいです。

地中深く掘ってゆくというのは、ある意味体内深くに呑まれていくのと似た部分があるのかもしれませんね。

今日は僧侶さん。
WS013197.png
偽勇者にだまされてヤマタノオロチ退治に挑まされた僧侶と女戦士。
もちろん2人組ではなんとも出来るはずもなく…

僧侶がオロチのあぎとに捕まってしまいました。
精霊の加護を受けた勇者なら力を発揮することも出来るのでしょうが…

あえなくそのままオロチ様の晩餐に…。
WS013202.png
今回はちょっとオロチのデザインをドグマ的にしてみました。
本来ハイドラなら炎に弱いはずですが、オロチ様は火山を拠点にしてるくらいなのでその弱点さえなさそうです。

多数の首の1本、その内側を徐々に体内へと嚥下されてゆく僧侶。
はやく攻撃を仕掛けて救助したいが、戦士にしてみても自分が別の首に呑まれないよう身を守るので精一杯で…

焦れる心、経過する時間。
その間にも僧侶を収めたふくらみは、獲物を食事に変えるかのようにぐにゅぐにゅ、蠢き、それを嚥下していって…。

上下がさかさまの体内。
WS013203.png
狭い食道の締め付けは、その胴に巻き上げられるよりも強いほどで。
…その肉が全身を拘束し、じっとりと唾液と一緒に攪拌しながら揉み解し、トロトロの餌へと変えられていくようで…。

ジパング最強のモンスター、ヤマタノオロチ。
人食いのその怪物にとっては、中途半端なレベルの相手なんてただの食事にしか過ぎないのかもしれません。

次第に近づく、分かれた首の付け根。
徐々に熱くなる体温と、大きくなってゆく心音…。

その心音を通り過ぎれば、そこはもうモンスターの体内。
すべてを溶かし吸収する、胃袋…。


今日はもうひとつ。
WS013207.png
昨日のアルトリさんを続き的に描いてみたりしました。
足から袋に入れるようにずぶずぶと。
魔界の冷たい外気に触れているのはもう、手首から先だけで…。
それさえ、やがて呑み込まれてしまう。
食らいつかれ、振りほどくことができなければ…

生きたまま呑み込まれ、生きたまま魔物の餌にされるということ、で。

原作では散々パンツ一丁とか骨になってる魔界ですが、そのパンツ一枚とか骨になる手前の過程にはそんな色々なあれやこれやが省略された形で込められているんじゃないでしょうか。

そう考えると、全体的にエロっぽいMobが多い理由もなんとなく納得できる気がしますね。

あまり関係ないけどアルトリさんのスタイルは超魔界で黄金の鎧状態のときに魔法使いの魔法を食らうと変身する村娘がベースになってたりします。


おまけ
WS013201.png
鍛えられる尻尾の強度

<More...>

tag : 丸呑み 肉壁 DQ Arthur ショートストーリー サチホ Mr.Driller

アルトリさんin4面@大


ドラクエもの異種姦作品。
また最近、DQ系の勢いが上がってるような気もしますね。


ところどころお世話になっているIKENさんのコミックも販売になっていました。
オーソドックスな陵辱もののようです。


久しぶりに買い物にいったら、中古のPCモニタがやけに安かったりして液晶も値下がりしたなあと思ったり。
で、家に帰ってからよくよく調べてみたらHDMIじゃなくてDVI端子だから安かった、というオチでした。

でもノートPCとかも値下がりしてるみたいなので、なんだかんだで全体的に安くはなってるのかも。


今日の更新はアルトリさん
WS013173.png
大魔界のほうの4面に出てくるワームに襲われてもらいました。
硬いクリスタルの大地を掘り起こして出現し、口から泥のような体液を飛ばしてくるモンスター。
大地そのものをうまく盾に利用するため、意外と攻撃が当てにくい相手だったり。
体液を浴びれば、骨とは言わないまでも鎧なんかは簡単に穴だらけにされてしまいそう、ですね。

ところであのワーム、なんかヌプヌプとかいう名称らしいです。
4ボスのオームという露骨なネーミングといい、なんともフリーダム。

そんなヌプヌプのワームに食われて…
WS013172.png
地中の本体の奥、口腔部分とくらべると巨大な空洞で自在に絡みつく粘膜の虜に。
肩は動かせないよう挟みつけられ、両足には膜のように伸びた襞が巻きつき抵抗を封じて。
そして唯一の防御として残された下着ごし、まるで味わうように舌状器官が蠢いて…。

魔界のクリーチャーは、体内も女の子を味わう仕組みで一杯のようですね。

よりたっぷりと味わうため、魔物の肉のさらに奥底へ…。
WS013175.png
徐々に狭まり傾く世界。
遠慮なく浴びせかけられる体液は名前どおり、ぬぷぬぷとしていて…
その粘液をしみこませられた髪の毛はもうほとんど解れてただの長髪に。

ずぶ、ずぶ…
WS013176.png
少しずつなら抵抗できたとしても、周囲の肉壁が蠢き嚥下の動作が起こるたびにその抵抗を帳消しにするほどに、奥へ…。
進めば進むほど周囲の肉は熱く、体液のトロトロした感触もより一層分厚く滑らかになっていき…

ずる…っ。
WS013177.png
そして解放される場所。
どろりとした体液の溜まったそこで、魔物は彼女を味わいつくす積もりなのでしょうか。
狭い入り口に引っかかった腕。
その最後の抵抗さえこの狭く熱く、どろどろした袋の中に収められてしまえば。
それは、自分の性質が人としての扱いから、食事としての扱いに完全に切り替わってしまった…という、合図なのかもしれなくて。

武器も鎧も奪われ、全身を包むものはトロトロの粘液となけなしの下着のみ。
そんな状態ではもう、抵抗するための力も残ってはいない。

そんな感じで、今日は久々にSS風の更新、でした。


おまけもんむす
WS013134.png
クインビーと手下のみなさん達
女王さまのおっぱいはみんなのあこがれらしいですよ。

<More...>

tag : 丸呑み 肉壁 ショートストーリー Arthur ぱんつ モンスター娘

おきのどくですが ぼうけんのしょは


えっちで可愛いチュンリさん。
同人だとえっち&可愛いが両立できてるものって探すのが結構大変だったりしますよね。


先日インフラに来ていただいた方、ありがとうございました。
Po2iの日本語入力に阻まれあまりお話できませんでしたが、楽しい時間を過ごさせていただきました ヽ(´ω`)ノ
会話の半分がとλだったのは笑いましたがw

もアドホック
WS008875.png
しかしハナが邪魔で画面など見れないのだった。

このところ随分暖かい日が続いています。
このまま夏がきそうな勢い。

さておき、今日の更新は久しぶりの勇者たん。

暫く見かけなかったのは冒険の書が消えてたからじゃないんだからねっ


大ミミズとの戦い
WS008868.png
Lv1からやり直しになったらまた、手も足も出ないまま頭からバックリと襲われる日々の繰り返し、になりそうです。

ちからも、素早さも足りず、出会ってしまえばなす術がないかのように…。

ずりゅ、ずりゅ…っ。
WS008869.png
ひ弱な獲物を弄ぶように、激しく噛み付いたりもせず喉の蠕動だけでじわじわ、食道へ沈みこまされる体。
飲み込むために力を入れている様子なんてまるでないのに、そのゆるい抱擁さえ跳ね除けられず、身体は鉛を撃ったように重く、ズブズブ…と奈落へ沈んでゆくばかりで……。

こうして書いてみると一時的にレベルを下げられるとか、呪いで能力を封印されるというのがすごくリョナい気がしてきますね。
本来できるはずのことができない、というジレンマが焦りを加速させて…。


……じゅ…ぽ…っ。
WS008820.png
手足の自由が戻る。
しかし、戻ったのは…それは、もう手遅れだから、だ。

むっとする酸性を帯びた体内の臭気。
触れればドロドロで、ぐにゅぐにゅと一定の形をとどめない臓壁…。

捕食の際に武器は取り落とし、弱った力では脱出もままならない。

あとは、餌として最期の時を待つ、だけ……。

・・・・・・


・・・・


・・


オマケ
WS008879.png
昨日のインフラの際ちらっと話題に出たかみらさん
今日はカリスマ成分多めで。

私の中では吸血鬼=ゴスが公式になっています。

<More...>

tag : 丸呑み 肉壁 DQ ショートストーリー 口内 かみらさん

究極戦隊 … vsスライム


初代のサンプル1のシーン、体内っぽいのでちょっと紹介。
ジブリールさんはいっつもDVDジャケとか販促素材で丸呑みをやってくれているので、次があったら是非本編に投入してもらいたいところです。


コンビーフのひみつ
WS008598.png
これじゃ、しょうがないよね。

さてさて。

今日の更新は一息ついて
WS008694.png
なつかしのダダンダーンからアンさん。

お相手は、いままで描いたことがなかったので
WS008700.png
第三の丸呑みエネミー、スライムさんで。

通常上から飛びかかって包み込んでくるタイプの丸呑みしか見られない感じですが、実際にはそれと別に胸元から触手を伸ばし体内へ引きずり込んでくるパターンもあります。
そっちのほうがイイ感じなのですが、なかなか使ってくれない。

ってことでここではその方法で。
WS008701.png
戦闘中の一瞬のめまい(フェイント)は命取りで、自在に変形する軟体の身体に一気に引き寄せられて。
牙は獲物を引き裂くためのものではなく、ひっかかれる痛みで獲物の逃走を防ぐ滑り止め…。

全身はあっというまに、冷たくぬめった粘液の沼へと引きずり込まれる。


ぐちゅ・・・っ。

WS008702.png
脱出するにも全身は粘性の高いスライム体に絡めとられ、力を奪おうとしてくる。
だがまだ振り払えないほどではない。まだ体力があるうちなら脱出できる。全身に力を込め、身体を飲み込もうとする粘泥に抗う。
しかし。
しかし、そのまま戦闘が長引き疲弊してきたら……そのときは。


<パターン:BAD>
WS008703.png
もう、腕に込める力はない。
その腕さえスライムの体内の粘液で絡め取られてしまった…。

周囲の環境が一変してゆく。
肉質のように硬かった体内は、まるで解けた蜂蜜か蝋のように柔らかく、全身を包んでゆく。

それは、獲物が抵抗する力を失ったと判断したからだ。
じっくり時間をかけて、勝ち取った獲物を吸収するためだ。

粘液に包まれる全身が徐々に、熱を帯びてゆく…。
しかしもう、救いを求める悲鳴は誰にもとどかない…。

<More...>

tag : 丸呑み 肉壁 究極戦隊ダダンダーン スライム ショートストーリー

くろとじ


デンジャラスシスターさんの丸呑み新作。
シーンは9つ、基本は今までどおり差分を使って丸呑みするシーンを表現するスタイルで、過去作と比べるとかなり質感がパワーアップしているように思いました。

9シーンのうち1シーンが胃袋内で、ほか2シーンほど丸呑みではない捕食が含まれていました。
内訳についての詳細は作品紹介文の通りなので参考になると思います。

今日、その他チェックだけしておいたもの。

とくにぷにかくさんがリョナ風、ということで涙目モードがちょっとよさそうな雰囲気がしますね。


それにしても今日はものすごい暖かいですね。
この機会なので、ずっとさぼりがちだった部屋の換気をまとめて実施中。
これで部屋のたばこくささが少し解消すればいいんですが…


☆ **おおっと** ☆
とじこちゃんハウスでクロノを描いていただいたみたいです。ありがたや。
でも当のとじこちゃん本人魂抜けかけてませんか?

…二次元入りの儀式か…。

そんなわけでうちでもクロノとじこ
WS008525.png
さちみりと一緒に4ショット。
こうしてみると魔法少女とじこちゃんも、そこそこ板についてるように見えなくもないですね。
トオンブレードもお似合いっぽいです。

問題は4人もいてフラグ回避能力の高そうな子があんまりいなさそうなところですが…。

クロノ、ダメージ
WS008527.png
夢のゲストが居なければ、戦うのは自分だけ。

時計を奪われれば能力を失い、しかし時計をかばって自分が動けなくなれば、時計を守ることさえできない…。
そんな二律背反に悩まされる、時計兎のジレンマ。

弱点がはっきりしてる、っていうのはやっぱりいいものなような気がします。


とじこちゃんもピンチ。
WS008528.png
ヌルヌル、上から滴るなにか。
見上げたそこには、大蛇の大きく開かれた口…。

柔らかく広がり、すべてを飲み込んでしまうような…

ばくん。

WS008529.png
完全に咥え込まれてしまいました。
口腔の粘膜がぐにぐにとうねって、獲物を食道へと送り込もうとして。

口内はヌルヌルとした冷たい唾液で溢れて、その冷たさが蛇の体温でじわじわと暖かくなっていって。
脈打つ粘膜が、絡みつく舌が、逆にとろとろとした愛撫のようにねっとりと抵抗を奪おうとしてきて。

伸ばされた指先に触れる、食道の奥の感触。
それは、口腔なんかよりもずっと柔らかく。
さらに濃密で、さらにとろりとした体液に包まれるようで。
そして、餌を飲み込むための蠕動は、むしろ激しくて…

全身が、そこへ送り込まれる。
その感覚がいやでも想像できて…。

逃げたいのに、食べられるなんていやなのに。
それなのになぜか、抵抗するのを忘れてしまいそうで…。

そんなギャップに囚われ、思考は乱れ。
しかし全身は唾液と粘膜の蠕動で徐々に解され、呑み込むため適した状態へ仕立て上げられていて・・・。

どんどんと嚥下の動作に逆らうことが、出来なくなっていて…。

ずりゅ・・・っ。
WS008530.png
まるでゆるい絶頂に浸されたような、ぼやけた脳思考。
気づけば全身が既に蛇の胃袋の中へ囚われて。

熱くて。
柔らかくて。

胃に溜まっている粘液は予想もできなかったほどに濃密で。
それが全身を覆うほど絡み付いて、肌は、でも不快さはもう感じなく。
むしろ、蕩けるような熱が覆っているみたいで・・・。

消化活動のはずの蠕動なのに。
溶かされるための蹂躙なのに。

トロトロの胃液と、分厚い胃壁と、解されきった肢体が絡み合うたび。
複雑に混ぜ合わされて、丁寧に捏ねられるたび、全身がさらに蕩ける熱に浸されて…。

こわいようで
きもちいいようで

もう、動けない・・・。


…こんなこと繰り返してるうちに魂が抜けてきちゃったのかもしれませんね。とじこちゃんさん。



※ 明日は終日、私用で外出する予定のため通常更新はお休みになります。

<More...>

tag : 丸呑み 肉壁 ミリア サチホ とじこ クロノ ショートストーリー

叫び声さえ、飲み込まれる。


なんていうか、こういうやつ結構好きです。女性上位というか、ご奉仕系?
それも鬼っこさん2人だなんて贅沢なもんですよね。


今日の更新はViocideから。
WS007868.png WS007867.png
ヒロインさんの名前はミーナさん、というらしいです。

メトロイド風の生命科学研究所、とダークな世界観も個人的には嬉しいところ。
WS007870.png
迷い込んだが最後、何れはこうして餌として捕食される運命…

そんな、冷たいBAD ENDな部分をうまく引き立ててくれるような気がします。

悲鳴すら、ゆっくりと、分厚い肉の層の奥へと、消えて…。
WS007871.png
不気味なクリーチャーたちの体内。
それは獲物を生きたまま呑み込み栄養として消化、吸収するためだけに発達してきた魔性の器官。
あらゆる手を使ってでもすぐに脱出しなければ、濃厚な体液に衰弱させられ、やがて訪れる「消化」の運命を決定づけられてしまう…
だが、ドロドロの体液に溢れ、全てがヌルついたその内部からどれほどの抵抗が許されるのか…。

もがき暴れる膨れた腹の動きも、見る見るうちに弱ってゆき…。


いずれ、彼女の肉体すらも、存在さえも、吸収されて消えてしまうのだろう…。


獲物が抵抗する力を失ったことを敏感に察知した胃袋は満足し、ソレを消化するための胃液を盛んに分泌し始める。
viocide.jpg
無数の襞が織り成す複雑で力強い蠕動。
ボディスーツがあっという間に音を立てて蒸発してゆく。
酸性の胃液が触れた部分から、肌に焼け付くような熱い刺激が走る。

しかし、それさえもこれから始まる消化活動のほんの始まりに過ぎない。

囚われた獲物は、たっぷり時間をかけて骨まで蕩け、吸収し尽される運命なのだから……


そんなこんなで。
最後の1枚だけは手元で紙で描いたものを混ぜてみました。

肉壁や汁がたっぷり絡まった状態を描くには、やっぱりアナログ作業のほうが細かくできていいと思います。

<More...>

tag : 丸呑み 肉壁 Viocide 股間 ショートストーリー

VARPGシリーズ続編!

☆☆ Xi ☆☆
VARPGのXiさん、今回はバイオメトロイド風横スクロールアクションRPGですよ!
動画クオリティも大幅アップしてそうで期待高。なにげにモンスター娘さんもいますね。
ムービー&体験版はすでにDL可能で、体験版ではハンターγさんと芋虫さんを先行体験できる感じです。

体験版で目に付いた部分など。

ゲーム部分はなかなかよく出来ています。難易度は低めかと思うとザコでもノックバックしないのでごり押しではすぐに食われるような感じでちょこっとだけコツが必要。
後々、ショット攻撃がカギになってきそうな予感が色々と。

演出面、アクションシーンでは「くわえこまれ」「飲み込まれ」の2パターンに分類、くわえこまれから脱出できないと呑み込まれに以降し大ダメージ。また呑み込まれてから抵抗しないと、HPが残っていても消化されてゲームオーバーに。VARPGでもあった抵抗ゲージみたいな感じですね

ゲームオーバー動画シーンは1つ1つがかなりボリュームアップしている雰囲気。芋虫BADでは体内で消化液を大量に浴びせかけられる展開や、呑み込まれもがきながら徐々に服が消化されていく描写などがパワーアップしているようでした。


D-Gateユーザーなら待ち望んでたであろう新作の大作。
ここは是非、足を運んでみてください。


今日はそのほかにも

Lilithからミ○○さんと○○ホさんが活躍するこんなのも発売されています。
説明文にあるとおり「魔物の体内に閉じ込められ、餌として消化されながら無理やり感じさせられる」シーンがありました。
とはいえリョナ的ではなく、あくまで触手陵辱風味ないつものLilithらしい作品ではありますが興味がある方はチェックをしてみるのもよいかと思います。

上記シーンのサンプルに関しては公式の特設ページ内ギャラリーで確認可能。
また、それ以外でも悪堕ちや肉壁プレイなどこまかく属性を突かれる方も多いかも。
ただ2人居るヒロインを片方ずつそれぞれ1回プレイしたら回想が埋まってしまったので、ボリュームとしては若干物足りなさがあるかもしれません。


てなかんじで、今日は
WS007843.png
女魔法使いさん。
目立たないとか地味系とかエロ絵少ないよねとか一部で(特にD-Gate)で言われている女魔法使いさん。
でもDQ3キャラのなかでは数少ない大人の色気を醸し出すキャラでもあるのですよ。
女戦士さんのほうが大人ナイスバディ、とか言わないで。おねがい。

そんな女魔法使いさん、実は女勇者よりソロ能力が高いそうで。
火力が高く燃費のいいメラミを主軸にした魔法攻撃と、毒針を上手く使った稼ぎでバラモスまではソロでやれるのだそうです。
そんなわけでD-Gate的女魔法使いさんは表世界をソロで闊歩するソロハンター系のイメージがついてきました。

ソロ中に大王イカに襲われる。
WS007863.png
巨大な口に引きずり込まれ、まさに食われる寸前…という状態。
魔法を使う余裕などなく、頼みの綱はこんな巨大Mobを相手するには心細すぎる細い針一本。

必死にそれを相手の口腔に突きたてようとするが、唾液でドロドロに濡れた口内はヌルヌルと滑りやすく針一本を突き刺すのも至難で…
それに、たとえ突き刺さったところでこんな針一つ、どれほどのダメージになるのか……


パスッ

WS007864.png
当たりを引きました。
イヤボーン能力のない貴女もこの「どくばり」でフラグブレイク!
アッサラーム商会にて特別価格19200Gで発売中!


という展開では面白くないですね。
ってことでセーブデータからロードしなおし。


WS007865.png
熱い。
熱い…。

呑み込まれてしまえば、魔法の力があろうと、なかろうと、結果は同じようなもの。
全てはこの、無数の襞で形成された歪な空間に取り込まれる。

不規則に蠢き、生きているという事実を執拗に教え込んでくる肉壁
その隙間に押し込まれる肢体は、たっぷりと溜まった消化液に歓迎されて。

そこが獲物を消化するための器官であるということをはっきりと、明確に、伝えていた。


どろり、どろ・・・っ。

WS007866.png
いびつな肉壁同志に挟まれて、全身を無理な姿勢に曲げられながら。
ぐちゅぐちゅ、と襞の擦り合わさる音が耳を犯す。
ドロドロと、溜まった濃厚な粘液が肌を焦がす。
酸の蒸気と臓腑の臭気に満ちた空気が鼻腔を染め、脳を麻痺させてゆく…。

…私、食べられて……死ぬ…。

魔法を唱える気力も奪われつつある環境。
脳裏に浮かぶのは、そんな絶望だけ…。

しかし。
いつからだろう。何がそうさせたのだろう。

――その絶望が、喩えようのないほど甘いものに思え始めてきていたのは――


…んっ、ふ…ぁ……っ。…ぁ…ふ……ぃ…ひぁ………ぅ……っ…。

<More...>

tag : 丸呑み 肉壁 DQ 口内 触手 股間 ショートストーリー

かまいたちさんピンチ。

WS007618.png
最近なんとなくこんな顔になってることが多い。

なんだかだんだん寒くなってきましたね。
うちでも防寒具強化を含めて、厚手のカーペットとフリースを購入したりしました。
なんだかんだでフリースは大き目のハギレを安く売ってたので、ひざ掛け代わりに重宝できそうです。

買い物中、駅前でなんかコスプレした子供が大量にいると思ったら、ハロウィンの仮装コンテストをやってたみたいですね。
実際もうハロウィンは目の前。そしてD-Gate2周年もすぐそこまで迫って参りました。
すでに55万Hitも突破してたんですね! うおお、記念絵くらいは描きたいのに追われてしまう…orz

できれば今年中に、もう1本くらいCG集とか軽めのやつも出したいです。
3年目に向けて色々忙しくなってきそうな雰囲気。

まあ、3年目とか言っても何時もどおりのまったりラクガキ収納所なのは変わりなく。
やっぱりいつもどおり丸呑みとか肉壁とかたまに百合とかが増えていく感じになりますけどね。

そんなわけで、何時も閲覧にいらっしゃってる皆様に、感謝感謝。

今日の更新はオリボッコ板の☆☆ 末っ子かまいたち ☆☆さん。
WS007621.png
【かまいたちは風が吹かない場所へ閉じ込めれば神通力が使えなくなる】という話。
どうしても末っ子さんを嫁にしたい蝦蟇さんは自分の腹の中へ彼女を閉じ込めようとしています。

「きゃあっ!? やだあ、やめて! やめてよぉ!! ヌルヌル…、…気持ち…悪い…ッ!!」

すばしっこさでは全く相手にもならないのに、力比べでは蝦蟇のほうがはるかに上。
袖を刃物に変えようとしたのに、その腕までベタベタする舌で絡め取られて…。

WS007622.png
ぐちゅ、ぐちゅ…。はむ、ぐむ…っ。

「んぅぅ……っ  んんっ!! んーーっ!!!」

ゴクリ。

WS007623.png
胃袋の中。
頼りの神通力はもちろん、風が吹かない体内では使うことは出来ず。
蝦蟇は全く気づいていなかったが、どろりと濃い胃液が少しずつ肌を蝕む。
熱くて、ぴりぴりして。

必死に助けを請うけれど、鈍感な蝦蟇はそれに気づいていなくて。
このままじゃ、本当に溶かされてしまいそうで……


・ ・ ・  ・ ・ ・ 


WS007624.png
じゅる… じゅる… じゅる……っ。

それから、小半刻。
咄嗟の機転でかまいたちの傷薬を全身に塗りたくったお陰で完全に消化される恐れはなくなったものの。
蝦蟇は少女を吐き出すつもりはないらしく、脱出もできない狭苦しい肉壁の牢獄でずっと揉まれ続けていた。

じゅるじゅる、熱っぽい胃液が絡み付いて舌か何かのように肌を擽る。
ぐちゅぐちゅ…。分厚い胃壁は獲物に歓喜し、煮えたように充血しては身体をぬったり締め付けてくる。

もう、居心地がいいのか悪いのか…それさえ判らなくなりかけて。
ふとした瞬間、何かに流されてしまいそうになって…。

ぐぽ… ぐぽ… ぐぼ…っ…。


帰りが遅いのを心配した姉たちによって末っ子が救出されたのは、じつに夜半のことだったそうです。
助けられたときは、すでに服は完全に消化され、薬で守られてはいたものの肌は晒され続けた胃液で紅く火照り、目もトロリと蕩けた様で何かをうわごとみたいにつぶやいていた、とか。

当の蝦蟇は姉2人によってこっぴどく懲らしめられ、かまいたち家の軒先で今もヒラキの干物にされているそうな。


なんとなく、今日はちょっとハードめになってしまったような気がします。

<More...>

tag : 丸呑み 肉壁 ショートストーリー

蒸暑さの拘束と、粘液の誘惑と。


チョコになって食べられる催眠音声だとか。
催眠音声自体はあまりよくわからないタイプなんですが、甘ったるい声とか色っぽい雰囲気はいい感じがします。

エキドナさんも結構、こんな感じでヒロインを催眠して食べてしまうのかもしれませんね。


さておき
ryd_hr2.jpg
また、ちょこちょこオフ絵も進行してます。
リディアは大人になっても丸呑まれ姫の素質十分ですね。

とはいえ、現状かなり予定が崩れてきている影響で今年後半の計画は立て直しになりそうです…。
そのへんは色々と完結してから改めて。

よもまつさんち
WS006754.png
ガルーダさんのボロボロっぷりは以前にここでも紹介した「屍メイドちゃん」に通じるところがあるような気がします。
次回のよもまつでも丸呑みは候補にあがっているようなので今後の動向にも注目したいところです。


スイカを取りに行った際、選択肢を間違えたがるたん
WS006758.png
ガルーダ同様、偶然スイカを取りに来ていた雑食性の巨大獣にスイカ代わりのご馳走にされてしまいました。
食道の入口まで全身押し込まれ、まさに嚥下される瞬間。
舌の付け根に押し込まれるように暖かい唾液が顔面に注がれて、そのヌルヌルした感触と一緒に狭い入口へと押し込まれて…みたいな感じで。

WS006755.png
同じ構図、側面から。
すでに下半身は完全に食道壁に包まれ、きつく締め付けられながら半分は引きずり込まれるように。
半分は、喉の筋肉と舌の付け根で押し込まれるように。
顔にまで分厚い肉壁がかぶさってきたら、もう逃げられるなんて望みを思い浮かべることもできなくなってしまいそうです。


今日はもひとつ
WS006757.png
システィさん@ライトブリンガー

どんな所からでも一瞬のスキをついて頭から丸呑みにしようと飛び掛ってくる貪欲な大蛇。
何度も飲み込まれるうち全身は牙から打ち込まれた毒で力を奪われ、粘液と消化の蠕動に体力を奪われ、次第に抵抗を失っていく。

蛇もそれを理解してか、胃まで一気に飲み込むことはしなかった。
わざと何度も浅く呑んでは吐き出し、徐々に獲物を弱らせる行為を楽しんでいるかのようだ。

その証拠に餌として時折投げ込まれる蛙たちはすべて一気に飲み込まれ、システィの眼前で瞬く間に消化されていっている。

そして、何度目かの捕食。
それまで喉で締め付け、獲物を弄んでいるようだった大蛇の体内の動きが変化する。
吐き出さず、胃へと送りこむように強く蠢く。

獲物の抵抗と味を堪能した大蛇は、とうとうシスティを餌として消化するつもりになったのか…

一刻も早く脱出しなければならない。
しかし、繰り返し呑まれ弱らされた体は言うことを聞かず、ただ強く揉みしだくように蠕動する肉壁に身をゆだねるしかなかった…。

全身をベットリ染めるヌルヌルとした粘液が、次第に熱を持っていく。
もはや肌にまでじっとりとそれを染み込まされた肢体は蠕動で狭い体内を簡単に送り込まれてしまうほどトロトロにされていて。

…食われる…。

本当に、食べられて……。


おまけのアルトリさん
WS006759.png
思ったよりカラー絵が少なかったんで描いてみました。
手持ちに剣と盾、ベルトにナイフと聖水、背中にはランスと。
全身フル武装の弁慶っぷりが伝われば、いいなあ。みたいな

<More...>

tag : 丸呑み 肉壁 よもまつ ライトブリンガー ショートストーリー Arthur

鬼と魔瓢


サンプル画像をみたかんじ、いい肉壁っぷりでした。
Cauldronさんの作品は毎度SSなしの絵のみのことが多いのですが、今回もそっち系かな?
絵のタッチが独特ですが、ひとまずチェック。


製作スレのほうはr-wizが盛り上がっているみたいですね。
私も少しだけ触ってみたんですがゴブリン複数とか出てくると終了の予感とか、本家Wizよりきついぞ!
とりあえず、今は寄生虫とスライムがメインなようなので今後丸呑みとかあるかなーと期待してみたりしたいと思います。

今日の更新はびんかんブログことArgentoさんちの初夏さん。
オリボッコにもキャラ投稿されてたり、VHゲーのアニスに友情出演してるのでご存知の方もいるんじゃないでしょうか。
WS006716.png
ちょこちょこ、とデザインとか弄りながら描いてみる。



WS006717.png
弄りすぎた気がしてきた。
大人びた雰囲気の、術者系のキャラみたいですね、これだと。


火神の力を持っている能力者な初夏さん。
WS006682.png
モンスター退治なんかも生業にしていると思いますが、牛鬼さんは艮(うしとら)の属性で言っても土属性。
火相土で火は土に吸収されてしまうのでこの組み合わせは少し分が悪いかもしれません。

WS006718.png
「どうだい、チャプチャプしてきたじゃないか…。そろそろ、半分くらいは溶けたか?」
吸い込んだものを酒に変える魔瓢。
その内壁は、繊維が酒や、これまでに溶かしてきた犠牲者を吸って膨れ上がりまるで生きた肉壁のような感触。
火属であり水に弱い初夏にとってはこの湿度と溶けた蒸気に満ちた空間は力を発揮できない状況。
分厚い魔瓢の壁越しに鬼の声がかけられるが、こちらからの返事はか細く、柔壁に吸収され外へ届けることも出来ない。

生物の胃が、取り込んだ食物を消化し栄養に変えるための器官であるならば。
この魔瓢の内部もまた、取り込んだ獲物を酒に変えてしまうための消化器官…であった。

だぶんだぶん、鬼が手を揺らすたびに空間はそれごと攪拌される。
そのたびに内壁と擦れ、酒液に浸される身体は徐々にその温い熱にうだされ、次第に表面の境界を失っていくようにさえ覚える。

実際それは自らが酒化されているということなのかもしれない。
酒気、蒸気、熱気…それにうだされ意識を緩めればそれだけしっかりとした肉体を失ってゆく。
それは緩慢な変化だが、水気に包まれ弱っている初夏にとっては跳ね除けるにも難しい状況。

このまま、酒となってしまうのか。
あるいは完全に酒と化す前に、戯れに鬼の喉を潤されるのか…。

意識は、次第に酩酊してゆく――


マイソロ2 やっとこセルシウスをやっつけました。
Lv20いかないゲストキャラ2人抱えて戦いに行かされるのはちょっと辛かったです。延々レベルアップ繰り返しつつ。
WS006714.png
そんなわけではらいせにクロエさんをロックワームに襲わせておきますね。
なんか微妙にそそっかしくてドジっこっぽいところがあるので、わりと簡単にこういう目に遭っちゃいそうで可愛いですね。

「だ、大丈夫かクロエ!? 今助け」

WS006715.png
「や、やめろ! いや大丈夫! 大丈夫だ、今脱出するからこっちを見るな! 来るな!!」

まあまだチラ見のイメージですが、飲み込まれて胃液で全身タイツを消化された恥ずかしい姿を見られたくないからついこういうことを言ってしまいそうな。
結果自力では脱出できなくてどんどん服を溶かされて、よりあられもない姿で助けられて顔を真っ赤にしながら逃げ出しそうな。
逃げた先で別のロックワームに襲われて、本格的なピンチになったり・・・。

動くキャラはいろんな目に遭うから、楽しいですね。

<More...>

tag : 丸呑み 肉壁 ショートストーリー 初夏 牛鬼 テイルズ

小虎退魔録 ~媚食・黒天大王~

ううん。風邪ぎみ。

さて、またMH3ものということで☆☆ モンハンBON ☆☆←こちらを購入してみました。
なんていうかハイテンションな漫画だったんですが…
まさかギィギじゃなくてギギネブラさんまで頭挿入とはw

WS006680.jpg
やはりこういう展開はしかるべきサークルの皆様のところで期待するのが良いのかもしれませんね。
兎といえば因幡の白兎なんですが、ガマの穂の油で肌を癒したというお話。
うさこさんもガマの油でしっとり肌をコーティングすればフカに呑まれてもなんとかなるかもしれませんね。

さてきょうのメインは小虎さん。
WS006670.png
仙人の弟子で退魔が仕事の小虎。修行も兼ねて様々な妖怪たちと戦います。

妖怪は大抵「○○大王」「※※将軍」といった気ままな屋号を名乗り、人里に近い洞窟に居城を構えて里に害を与えているケースが多いです。
WS006678.png
なつかしのTRPGリプレイで言うと「○○の村の近くにゴブリンが棲みついて困ってるんだ」的な展開ですね。
もちろん屋号が大王なんていってもその強さはピンキリで、そこらのチンピラに毛が生えた程度の奴もいれば、名の知れた危険な大王なんかも居たり。

そんな中、対峙することになったのは…
WS006685.png
黒天大王。
卑しい目つきと、飽くなき美食の欲を抱えた巨体の妖怪。

圧倒的体格差とは言え、如意棍の持ち主でスピードに自信のある小虎なら勝てない相手ではなかったはずなのですが…
卑劣な大王は退魔士を陥れるための罠を仕掛けていました。

空気に漂う甘い麝香の香り。
気づいた時にはずん…と体の芯は重くしびれて…

WS006683.png
そして。
若さと裏腹に熟した肢体をたっぷりと味わうがために美食妖怪に丸呑みされてしまう、小虎
熱い胃液が敏感な股間を狙って注がれ、そこを護る薄布を溶かしてしまおうとします。
大王の胎内は分厚い舌が折り重なったような構造。
その舌が我先にと争うように麝香と胃液で熱くほだされた美肌に殺到します。
何度も、舐められ、吸われ、挟まれ、咀嚼され…。

薄布一枚、溶かされてしまえばしゃぶられるままに何度も蜜を垂らして、大王の胃を悦ばせるだけ…。

いずれ全身の味を十分に堪能されたらさらに奥…本格的に獲物を溶かし吸収するための胃へと送られる恐怖。
しかし、麝香の発情効果で身動きできない肢体は舌めいた粘膜でどんどんと高められ、味付けを施されて。

若き退魔士は妖怪にとっても格好の美餌。

――一瞬でも注意を欠けば、哀れな運命に染まるだけでしょう。

<More...>

tag : 丸呑み 肉壁 小虎 うさこ ショートストーリー

マジクローニン なかんじ

仮面ライダーWにきゃめこそっくりのキャラが居ると聞いて
WS006610.png
…すごい似てて吹いた


そんなこんなで今日はマジクローニン。
本編はモンスターの胃袋に囚われてからの脱出バトルなので、その前後とかを想像してみたり。
WS006614.jpg WS006614.png
ぐちゃっ。

一歩踏み出せば湿った音。間違いなく、そこは「生きた」魔物の体内だ。

数日前、街道に忽然と開いた魔性の洞腑。
焼けども叩けどもその口が閉じることはなく、ギルドは最後の手を撃って出ることとなった。

「精鋭の戦士をこの魔物の体内へと送り込み、中心核を破壊して撃退する」

その役目を負ったのがミアだった。


湿った空気、饐えた匂い。
任務でさえなければこんなところへ一瞬たりとも立ち止まりたくない…そんな瘴気の中。
マジックロッドの照らす灯りを頼りに、どれほど巨大かもわからない魔物の体内への潜行が始まる。

「この先は危険どころじゃない…。何が起きてもおかしくないから、気を抜かないようにしなきゃ…」

誰ともなく、自分に言い聞かせるように足を進めてゆく。
足場はブヨブヨとして柔らかく、天井に当たる部位から滴る唾液のような粘ついた液体が服の袖を、裾を濡らす。

…まるで、巨大なワームに自分から丸呑みされていくみたい…。

そう思った瞬間…
WS006613.png
ぐばぁ・・・っ
「ひっ…!? きゃっ…あ」

それまでただ、不安定に蠢く足場として振舞っていた足元が急に牙を剥く。
文字通り牙の立ちならんだ巨大な口が形成され、一瞬で支えを失った肢体がまっすぐに開かれた口腔へと落下してゆく。

――そんな、まさか…そ、んな…ッ!?

喰われる…。
その、恐怖。あっという間に遠ざかる入口の光。肉壁より早く全身を包む酸性めいた蒸気。粘液、自由落下。

何かを掴もうと伸ばす手…それが

バクン

呑まれた。


  - - -


ロッドの加護も限界だ。
衣装はすでにあらかた破れ、度重なる胃液のダメージで魔力も底を付き始めている…。
WS006609.png
「はあ…っ、はぁ…っ、……ぅ…く、はぁ……ッ…」

消耗しきったせいで、激しく蠢く胃壁の上で立っていることさえできない。尻餅をついた姿勢で次々と滴る胃液をたっぷりとたたえた天井を、恨めしげに見上げる…。
すでに魔物の消化器官は、抵抗の術を失いつつある魔法少女を吸収するための動きを初めていた。
熱い粘膜の上へべちゃりと投げ出されたままの尻が、力の入らない足が、盛り上がる周囲の肉壁によって挟みこまれ「奥」へと飲み込まれようとしている。

「奥」…それがどんな場所かはわからないが、そこが美味しく仕立てあがった餌を完全に吸収するための器官であることだけは容易に想像が付いた…。

「ぅ…く、ぁ……。……もう…だめ、な…の…?」

じわり、じわりと包み込まれはじめているのが判るのに、脚は持ち上がらず、腰を逃がすことさえできない。

びしゃ、り。

「…ッ…!」

天井から滴る大粒の胃液が頭上ではじけ、酸性の液体が全身を汚す。
ロッドの守護効果も限界が来ていた、身体が熱い…。皮膚さえ、溶け出しはじめて感じる…。

「…ぅ……ぁ……」

ぐりゅぐりゅ、と蠢く内壁は少女がその熱に耐える間も休みなく、獲物を包み込んでゆく。

――もう、助からない……?

次第に熱い、熱い肉の坩堝へと沈められてゆきながら…
消化液と疲労でかすんだミアの瞳は最後まで蠢く天井を見つめていた…。


<<ワームの巣>>
WS006612.png
サンドワームたちは人類とは全く違う摂理で彼らの生活を送っている。
その巣穴の一端が人里近くにまで張り出し、人々に恐怖と圧迫を与えることも少なくはない。

しかし、いかに彼らが邪魔であってもその巣穴に踏み込もうというのは甘い考えだ。
死ぬまで成長を続けるワームは、時に驚くほどの巨体を持ち巣穴そのものと一体化している場合があるのだから…。

<More...>

tag : 丸呑み 肉壁 マジックロッド ショートストーリー

エロスーツさん

WS006235.png WS006207.png
まげこさんは自由なお方。
でもあんまり自由自在すぎると元の可愛いまげこを忘れてしまいそうになりますね。

獰猛な捕食生物である⊿の姿を忘れるように。
…あれ、そんなのいたっけ?


今日は、先日描いた中身超きめぇの人とか。
WS006297.png
サムスさんも宇宙のあちこちで色々な目に遭ってそうないいヒロインさんです。
そもそも原作のボス連中もでかい奴ばかりだし、メトロイドさんには懐かれちゃうし。

そんなわけで、スーツなし状態での探索中に宇宙食肉植物に襲われてもらいました。
スーツがあっても倒せるかどうかわからないサイズの相手とか、スタンガン能力しかないハンドガンでは無理。
走って逃げようにも、巨大な口が一杯に広がり周囲の大気ごと彼女を吸い込もうと…。


体が浮き上がる感覚
ぐちょり、と湿った衝突。
一瞬目の前が真っ暗になって

WS006279.png
気づいたときにはクリーチャーの食道へ頭からずり落ちそうな状態。
強烈な吸引で一気に喉奥まで吸い込まれてしまっていたのだ。
そのまま周囲、喉肉が蠢き取り込んだばかりの「栄養源」を体内へ吸収しようと働く。

そうされるわけにはいかない。
不安定な姿勢のまま脚をいっぱいに開いて呑み込まれないように抵抗する。
ぬるついた喉壁に、左右の膝頭が辛うじて引っかかり嚥下を食い止めた。

大股開きでもがき苦しめば酷くみっともない格好になっているだろう。でもそれに気を払う余裕はない。
獲物を逃さぬようじわじわと粘液を滲みさせはじめる周囲の壁面がずるずる、と滑りやすくなっていく。
不安定であられもない肢体を嘲笑うようにクリーチャーの咽頭が近づいてくる。
いや、近づいているのではない。自分が、送り込まれている。

急速に熱を帯びて行く柔かな壁面が頬を擦る。
もう、一杯に脚を広げても限界になってきている。

ずるり。

膝が滑り落ちた。

抵抗の声を上げる間もなく、薄いスーツ一枚しか身に着けていない無防備な肉体が熱いトンネルへ突っ込む。

ぐじゅっ…

ぐぼ……っ

WS006276.png

ぐぷ…

ぬるい熱びた、粘液の壷。
クリーチャーの体内はそんな表現が相応しい、不快な空間。
ぬるついた胃壁は喉肉ほど身体に絡みついてはこないが、常に蠢く壁面では銃を構える余裕も持てない。

じゅる…じゅるぅ…っ…

一足早く体液の洗礼を受けるスーツはいやらしい音を立てて穴が広がるように解け崩れてゆく。

むき出しの肌に胃壁から直接粘液を刷り込まれる。 …熱い…。
消化による化学反応の作用か、胃内の体感温度がまたたく間に上昇してゆく。

もはやむき出しになった胸元。敏感な部分を手で覆い隠すのはささやかな防御だ。
むき出しの太腿は柔らかすぎる胃壁にずっぷりと嵌まり込み、溜まった胃液と一緒にぐじゅぐじゅに攪拌されている。

脚に絡みつく粘液の量が増してきた。
胃壁の柔軟性と動きの激しさが増し、立っている姿勢を維持するのが難しい。
姿勢を崩し胃壁の襞に巻き込まれたら、全身が消化液漬けになる。

脚が熱い、ヌルヌルした胃壁に、ヌルヌルした液体を、ヌルヌルとした感触で…もう、ずっと、ひたすらに刷り込まれ続けて脚と粘液の境目もわからない。

このままでは、いくら耐えてもどの道そう遅くもないうちに全身がスーツと同じ道を辿るだろう。
つまり、溶かされ…
吸収、される。

そんな風になりたくなんてない。

……なにか、何か脱出の方法は……!!

<More...>

tag : 丸呑み 肉壁 中身超きめぇ ショートストーリー fromage

新クエ ~失敗~

心のさびしい人ばかり。と言いますが、現代日本は心よりも懐のさびしい人ばかりな気がします。
今もまた、孤独な現代人は多いのでしょうか。
WS006119.png
あなたの心、埋め合わせる気なんてないけれど。

そんなきゃめこは置いといて昨日のクエストの続きでも。
WS006110.png
「ん…ぅ……く、す、滑って…採れな……」

不安定な足場。
ぬるつく体液。
たかだか採取、と高をくくっていた心を見事に裏切られる、最悪の環境。

むき出しの肌を包む肉は眠っているというのにどくどくと脈打ち、
とろとろと垂れ流しの体液がちりちり、と徐々に肌を刺激し体力を奪う。

常に変化し続ける地形は時間も空間の感覚もあいまいにさせ、今どこまで潜ったか、どれくらい経ったかまったく見当もつかない。

遠くで液体が脈打つ音。
何度目かの、緩やかだが重い蠕動。
繰り返されるたびに激しく、そして間隔が狭まるその消化活動はこの巨大な臓腑の持ち主の覚醒が近いことをあらわすのだろうか。

WS006111.png
ぐぢゅう…っ
「きゃっ!?」

不意に環境が一変した。
それまでしがみついていた畝が、今度は深い窪みになる。
周辺へ流れ溜まっていた体液が一気に身体へ降り注ぐ。

その生ぬるい、ちりちりした感触。

「あっ、やだ…っ。これじゃ、はさまれて……ッ…!!」

WS006112.png
ぐぷぅぅ…っ。

蠕動は収まらなかった。
急速に力を増した肉壁がキリンの全身を包み、その柔らかい奈落へ呑み込んでしまおうとする。

勢いの増した体液がしぶきを上げながら、窪みの底へと注がれる。

「ひッ…ぁ、ま、さか……もう、麻酔が…ぁ…うぅぁ…あぁ…っ」

WS006113.png
ずぶ、ずぶぅ…。

熱い深淵へ堕ちる。
蕩けた体内へ呑まれる。
全身がどろどろの蟠りに塗れ、一層激しく包み、捏ねられてゆく。

消化が始まった。
間に合わなかった。

とっさに脱出玉を投げようとしたが、その玉さえずるり、と滑り肉壁の狭間へ柔らかく抱きとめられ、消えてゆく。

「や、やだ…ぁ、いや……っ……ぁ…」

目の前で肉と肉が癒着する。
龍の体内という隔離された空間。
そこからさえ、隔絶されてしまう。

しかし、ソレを止める手立てはすでになく
伸ばそうとする手も、分厚く熱された肉に埋もれ、動かすことさえできず。

あとに残されるのは閉じる瞬間にもれたくぐもった悲鳴と、
そして胃に収められた獲物としての末路だけ。

WS006114.png
…ぐちゅ…っ

<More...>

tag : 丸呑み 肉壁 モンハン ショートストーリー Cameko

被食快楽

...⊿ ろくさんち λ...でもミリアがスライムな目に遭っています。
飛び先の注意事項を確認して見に行ってみてね!

ひとんちで見つけると嬉しいですね。うふふ

ちんこ師範
WS005836.jpg
ジャングルっぽいハイコントラストな雰囲気を出したかったんですが、絵茶では限界がありました。
師範はなんかお嬢様ヤンキーって感じですね。よもまつブログを見てる限り相当派手なリョナ死っぷりを披露している過去がありそうですが。

MHP3景気に乗ってベリオ娘を描いてみました。
WS005843.png
ディテールが細かいので覚えるのが大変そう。


WS005844.png WS005845.png
頭からがっぷり食いついた口腔の肉が、ぐにぐにとうねって身体を引きずり込もうとしてくる。
このままでは飲み込まれる…。
危機感に煽られ下肢に力を込めて嚥下しようとする動きに抵抗する。
ネブラの喉の力は非常に強く、頭が徐々に喉の奥へと吸い上げられてゆく。

後頭部のあたりで、狭い肉の門がぱくぱくと蠢くのを感じた。
感じる食道の入り口は狭い口腔よりもさらに髄狭...その通路まで呑まれてしまったら呼吸も抵抗もままなりそうもない。

そうならないように…必死に力を込める、が…

ぬりゅ、づりゅ… ちゅぶ ちゅぶっ。

口腔に溢れる毒の粘液が身体の力を奪ってゆく。
視界が霞む。酸素が足りない。

次第に弛む筋力。脚の筋肉ももう限界だった。
ふと一瞬、力を抜けば楽になるんじゃないかという幻覚が脳裏によぎったとき

ぢゅぶぅぅ…っ

頭が丸ごと、狭い食道へと沈んだ。


WS005846.png
ギギネブラの体内は毒性の粘液でたっぷりと満たされた粘液質の、熱い、泥沼のような空間だ。

ぐじゅっ、じゅぶっ…じゅぷ、じゅぷ… ごぷっ、ぐりゅ……

獲物を捕らえた胃壁が凄まじい消化音を立てながら、うねり蠢き全身に毒を塗りたくってゆく。
毒液と一緒に攪拌され、肌の隅々までヌメヌメした体液を刷り込まれ、防具も解かされた半裸の肢体は徐々に消化の準備を整えられていく。

ネブラは数日かけて獲物を消化し、骨まで吸収するという。
だが、この激しい蠕動に晒されれば分かる。

それほどの時間をかけなくても、毒液に浸された身体は肉壁に揉み潰され、その壁面に栄養として刷り込まれてしまうだろう…


WS005847.png

ごぽ…っ、ごぷ…、じゅぶ…ごぷぅ…っ。

獲物が抵抗をやめると、不思議と肉壁の蠕動も緩やかになった気がする。
いや、実際には全身がトロトロになったせいで滑りが増し、激しい消化活動の中でもストレスを感じなくなっているだけなのかもしれない。

それだけ、胃にとって消化に適した存在に仕立て上げられ、成り果ててているということだ。
でも、もうそんなこと…。

厭らしいほど柔軟な粘膜が預けた前半身をむっちり受け止め、そこへ背中から反対側の肉壁がやわやわと食い込み捏ねる動きで全身を揉み潰してくる。

すでに毒の苦しさも、消化されるストレスさえも感じなくなりはじめていた。

抵抗のための指先は、いつしか捏ねられる悦びに突っ張り…。
皮膚の表面一つ一つが、粘液を刷り込まれる快感に震えて…。

もう、だめ…。 こんなの、クセに…なり…そ……。

いや……溶かさない…で、…もっと……もっと、もっともっともっと………


ぐぷ…っ、ぐぷ…、じゅ…っ、くぷぅぅ……っ。

<More...>

tag : よもまつ 丸呑み 肉壁 モンハン ショートストーリー

闘仙虎娘記「大師龍涎香を欲し、小虎竜宮の美味と為ること」

師匠からのミッションで龍涎香を取りに竜宮までやって来たことらさん。
しかし、龍涎香とは美味を感じたときに分泌される龍の唾液から抽出される貴重なものだった。

WS005580.png
交換条件としてその身体を賞味させることを要求され、仕方なく龍の舌に身を捧げる。
すでに龍の口内は濃い唾液でたっぷり溢れかえっていて、あまり大きくない小虎の肢体はあっという間に溺れるほどの唾液で包まれてしまう。

全身をくまなく嘗め回す巨大舌。蠢く口腔内の肉粘膜。
どっぷり嘗め回された小虎は唾液漬け。その不思議な匂いのもたらす奇妙な酩酊も手伝い次第に感じやすくなってゆく。
上気した肌、熱く濡れた股間、あらゆる体液を嘗め回されてビクンビクン。

それで開放される約束だったのに。

WS005579.png
何回目かの絶頂で意識が白濁した瞬間、周囲の肉壁が急に盛り上がって、熱い、狭い肉の筒へぐいぐいと押し込まれていく。
ぼやけた意識が飲み込まれていることを悟り警鐘を鳴らすが、快感でとろかされてしまった体は言うことを聞かず抵抗さえできないままきつい食道を絞り落とされる。

龍は最初から、この若い仙人をだまして喰ってしまうつもりだったんだ。

龍涎の妖香と濃密なヌメリに包まれながら食道を下される。
しかしそれさえ、たっぷりと賞味され熱く解された肢体には快感に感じていた。

どろどろの龍の体液をたっぷりすりこまれ、
熱く柔らかな肉の壁に揉み捏ねられ、
やがて送り込まれる胃では全身を溶かされていくのだろう。

しかし、

その快感、生きたまま捕食される快楽を文字通り全身で味わうことになれば

もう、逃れることは出来ない――



魔境人外淫語の最新のが出てました。
現在製作中のモン娘ゲームのほうも気になります。完成が楽しみだー


そしてもう一つ。
絵柄がなんとなく好きなのでピック。神羅本ですよー。
神羅といえば丸呑み捕食プレイ要員らしい「捕喰鬼手」ってなんて読むんでしょうか。
やっぱ、コミケ当日コピー本の製本で散々お世話になってる人も多いアレなんでしょうか。

ホチキシュ


新型捕食モンスターのヒトデさんを描いてみました。
WS005585.png
なんかこう なんだ その

…  κ ?


「100万トンの勇気をかかえて」を聞きながら描いた
WS005583.png
ミリアは実は軍キャラなのでラッパが似合うと思います。
一方のサチホはアコギ。アコギでもわりとアップテンポな曲とかやってくれそう。
きゃめこは当たり前のようにくそでかいパイプオルガンを出してくる。間違いない。

その他、07はスネア、アルトリさんはバイオリン、イルディサンはピアニカなんかが似合いそうなイメージがあります。

え、かみらさん? すみっこでトライアングル叩いてるよ。 チーン

<More...>

tag : 丸呑み 口内 肉壁 小虎 ショートストーリー サチホ ミリア Cameko TGO-07

ミア 続き

WS005067.png

熱い、熱い…熱い…。

足先まで全身取り込まれ、ぬっちりと全身を包み込む肉壁の感触。
まるでスープのように熱くて、濃密で、支配的な空間。

WS005068.png
やがて張り付くように柔らかい肉がゆっくりと充血し、膨張しながら蠕動をはじめ…
呑まれてゆく。より深くへ、もう引き返せない場所へ。

WS005069.png

ずちゅっ ずちゅ…  ずちゅ…っ。

熱く濡れた肉は左右、否、四方を挟みこむように膨れ上がり、狭い通路は充血した柔軟な肉壁の粘膜でむっちりと満たされる。
その蕩ける筒の中、瘤のように捕われた身体は蠕動によりゆっくりと揉みしだかれ、捕食の自然な動作によって抵抗を奪われ、柔らかく、滑らかに仕上げられてゆく。

そして・・・

WS005070.png

ずぷ・・・っ ずぷ・・・

WS005078.png

下から絞り上げられるように送られたのは、臓腑の奥。
力なく胃壁へ身体を投げ出すミアに、もう抵抗する気力は残っていなかった。

WS005079.png

どくん・・・ どくん・・・ どくん・・・

蟲の心音が届くそれも、どこか遠くか、まるでこの世のものではないような響き。
力なく肉壁に預けられた肢体を、柔軟で力強い蠕動が捉え、すべてを奪い去るように胃のさらに奥底へとさらってゆく。

その先に待つのは獲物としての運命。
溶かされる末路。


しかし、マジックロッドの魔力が彼女を浄化するだろう。
再び抵抗の意志を取り戻せれば、ミアの勝機は低くはない。
ロッドの力で恐怖を振り払い、体内からの攻撃で勝利を収めることが出来る。


だが、ミアは気づいていなかった。
そうやって繰り返し身体にトラウマを刷り込まれることが、捕食されることへの偏執的な快楽を呼び起こすトリガーになっているということに…。

<More...>

tag : 丸呑み 肉壁 マジックロッド ショートストーリー

たいへん、ネットが冬休みよ!


なにげにサンプル画像がそのへんの商業とは雰囲気が違う感じがします。
ただサンプルだとどういう責めがあるのかわからなかったんですが、どうなんだろう?


ここ数日深夜になるとなぜかネットが切れるという変な症状に悩まされていたので、あるじを呼んで見てもらいました。どうやら桑の実が入っていたのが原因だったようなのでとりのぞいてもらい、ハンバーガーみたいな庶民の食い物を食べることで解決するかどうか経過待ちです。


さて、もうひとつ冬コミのギギネブラさん情報をいただいたのでご紹介しておきますね。
☆☆繁殖ネブラ☆☆
先日紹介したソロハンターとは違って捕食ではなく繁殖メインのようですが、一番右のサンプルとかチェックしました。
コミケ戦士のみなさん情報ありがとうございますです。

というわけで小虎2日目
WS005013.png
仙術使いとはいえ、まだ未熟な虎娘が単身、モンスター退治に乗り出すようです。

相手はこんな感じ。
WS005032.png
峠や洞窟の中で頭だけをもたげ、岩の擬態をして近づいた獲物を捕食する危険な生物。

そんなことも知らずに峠へやってきた小虎、うっかりと擬態岩へ腰を下ろし…
WS005029.png
あっという間にこう。
原始的ゆえに幻術などは効果が薄く、その上、力だけは途方もない肉の塊みたいな相手。
獲物を飲み込もうとする力に覚えたての術では対抗することもできず、なすがままにずるずる、と飲み込まれ体内へ。

仙術を織った装束のおかげで消化されることは免れるものの、胃液の強烈な熱と蠕動の作用は身体を蝕んでいきます。
WS005014.png

それは呑み込んだ獲物の抵抗力を奪うための、臓腑のもうひとつの作用なのでしょう。

WS005015.png
まるで愛撫のようにしゃぶられ、ほぐされ、上気した肌にとろりと熱い粘液をたらされて。
死ぬほどの刺激ではない刺激が、いつしか肢体を桜色に染め上げる快感に感じられてしまうようになって…。


WS005016.png
やがて茹だりそうなほどに熱い肉がずぶずぶと全身を飲み込みはじめれば、瑞々しささえある身体はブルブルと痙攣のように震えてそれを受け入れることしか許されないで。

本当なら、それで溶かされて命を終える。それだけの責めだったはずなのに…
術で守られた身体は意識を失うことも、死ぬことも許してはもらえなくて。

WS005018.png
深い、深い、どこまで続くかもわからない肉の檻。
その中をずっと奥へ奥へと運ばれながら、全身はヌメヌメとした肉とこすれるたびに震え、開ききった秘所は粘液まみれの周囲よりもさらに、熱くとろとろと溢れていて。

最後にはただ、肌の上に消化液の熱いしずくが垂れるだけで、意識が飛びそうな快楽。
飲み込まれ、もう逃げられないという絶望が。
溶かされ、吸収されるかもしれないという恐怖が。
熱い肉と、どろどろとした粘液の感触が。
すべてがない交ぜになって、心が壊れてしまいそうなほどに…。


結局消化しきれなかったらしく、小虎は数日後、魔物の体内からかろうじて無事に吐き出されました。
しかしその間延々と繰り返され、全身に一生分ほども刷り込まれた捕食の感触、絶頂の快楽…
それは疲労と憔悴が回復しても、なお一月ほども尾を引きずった、とか。

もしあなたも峠を越えることがあったなら、岩に擬態した肉の蛇にはくれぐれもお気をつけあそばせ。

<More...>

tag : 丸呑み 肉壁 小虎 口内 ショートストーリー

新作情報

<<最新作品>>
妖怪バスター・アカネ
(2015.4.24)販売開始

-D-gate作品- Chrono O'clock
りょなげの缶詰
リディアの冒険-少女編-


関連作品一覧
もんむす・でりしゃす!-Lunch-
>>>D-Gate作品一覧
>>>English List

プロフィール

Camel

Author:Camel
status:なんかえろいひと

mailto:d_gallon@hotmail.com


Total :
Now :

リンクフリーです。バナーは↓こちら

http://dgate.x.fc2.com/banner.gif

月別アーカイブ

ユーザータグ

丸呑み 肉壁  ミリア サチホ λ モンスター娘  百合 見習いさん 股間 Cameko 体格差 おっぱい アカネ 口内 モンハン FF クロノ セシ子 パンツ TGO-07 触手 魔界騎士アルトリア fromage うさこ リューサン 拘束 マジックロッド DQ Arthur 東方 煌盾装騎エルセイン コスプレ とじこ 仕立て屋 マーリン 粘液 牛鬼 リディア 都会のねずみ セーラー退魔さん Uルナ イルディサン 舌責め ぱんつ 一寸娘 小虎 もんむす・くえすと! VorpalRabbit Mob子 月次まとめ スライム もんむすくえすと 妖怪 BlankBlood プリン キリン さきつね  大聖君 妖怪バスター・アカネ ツクモ ショートストーリー よもまつ ドラゴンズクラウン れちぇ一家 えびげん コミック風  Sミア 粘着 サチホ飯 TGO-03 メリル ピンチ エルフ SilentDesire ショコラ CrackleCradle 鬼太郎娘 瑠璃 さまなさん クァルラリル 巴マミ 勇者のくせになまいきだ。 かみらさん ローアングル 3DRyonage アルマエルマ トランプメイド ウルトラさん 盗賊 オーディンスフィア 聖剣伝説 おにぎり ちくわ ミリア戦記DX 魔女 水着 和風 ラミア シスターマリア セイナルモノヘ ハイレグ NightmareSphere ぽえみさん 猫魔女  小法師 3Dryonage いちご オークムスメ アーマーブレイク  シャーク船長 Uミア チェシャ シノ 竜姫 スマブラ ケダマ (・Θ・) Nミア EDF シャーク海賊団 すまねこ エジプト ぽにえ ゲーム情報 同人情報 Rクエ EryonaAction 胎内回帰 ワーム 魔女猫 せしこ トルネ メタスラ VAMPIRE バイオハザード ゴスパンさん Viocide 捕食 スタイリッシュパンツ 日下部初夏 サメセンター 妖精さん 凸先輩 ハナカンムリ ELEMENTAR パルテナ リズム天国 JoJo まげこ ひみこ様 星屑ノ世界 風来のシレン 吸血鬼 せんちょ 中身超きめぇ はいてない 洞窟物語 XX-CAKE! グランナイツヒストリー スト4 ダダンダーン 究極戦隊ダダンダーン リョナマナ ダンジョン飯 アラド戦記 ぽにえさん お風呂 もんむす・くえすと CosmicBreak さっと一品 憂流迦 ミニマム Fromage おわりのはじまり MGSPW Kurovadis レンバス 風来さん リオン 女神 イシス ハロウィン オブザワイルド 初夏 METALMAX 胃袋 プネーク PSO2 朧村正 プネーク ルンバ 大正 くとるさん バトル 魔界戦記ディスガイア ほしのさん 悪の幹部候補生 ブレスオブファイア 冬服  IMG TT Depravia アイテール パンティ&ストッキングwithガーターベルト 九尾 Splatoon サヤネ Rクエスト ゴースト モンハン マリシアス 女神様 ウィッチ ゆりかごのそら ブロ子 キャス狐 竜戦士 競泳水着 妖精 チョコ 竜姫兵 ミミック ライトブリンガー バステト スト2 テイルズ GEB ドラクエ ゲーム画面風 クイーンズブレイド メデューサ TGO量産型 盗賊娘 キリン娘 小牟 山女壁女 raMonFarm ギギネブラ キリン姉 退魔さん TGO-00 Uヨミ アイリス☆アクション さちみり新デザイン DINOCRISIS くら寿司 ⊿λ だんじょんぷらいむ! I.M.G. モンスター図鑑 スズヒメ シレン ふんどし ロックマン セシル SaGa2 ViotoXica ワルキューレ  BlueGuardian:Margalet おにぎりアカネ 楽園魔城リピュアリア SD 勇者 UHS アヌビス ぬるぬる ランスシリーズ 玉藻前物語 魔性石 つくも 新米婦警キルコさん チーターママン 竜さん 3rdBirthday アヴィちゃん 世界樹の迷宮 GE2 怪物王女 2015リマスター カクレンボ CC NANOCRISIS FairyFighting ミア PS0 スカーレイド 迷宮のマリオネット リョナの島 ラミアさん さめ船長 箱庭えくすぷろーら ぽえみ 勇者♀ フリーダムウォーズ グランベリア 赤首さん どてら BAR⊿ 尻尾 メトロイド 鈴の音忍法帖 聖剣伝説2 師姉 7thDRAGON カオス 自動彩色 『丸呑み』  FGO  差分 攻略情報 ナノクライシス 100万トンのバラバラ 葛葉沙真那 えろいこ♀ MONSTER 淫魔と触手の迷宮 ミリア戦記 flowerfairy 抵抗 エキドナ BloodPrice リョナの森 くらげ Sレア装備の似合う彼女 のじゃロリっ狐琥珀の婿さがし道中記 同種 千と千尋の神隠し 妖袖    レザーライト ラクガキ 記念すべきさちみり劇場第一回  まるごとプリンまん ミリアセキュリティ ヘッドショット 現場検証 弾力 スタンド攻撃 ハイラル式漁業 ファイト カオナシ面 パブロ DOS時代 たくしあげ うつぶせ 失敗めし TENGA  プキトレー 振袖 ぷきめし UI風  足先 スパゲッティ教 もんぱら ローグワン さむい おでかけ ゲーム 恵方巻 ミカン NUCA 緊縛 だいちゅき 侵略手順書  ぷきたろうさん 静電気 酢ボタージュ ピラミッド 食パン PaintsChainer ヤキニク 猫エンジン 服ダメージ やさいもすき チョンボ飯 酢棋 積み木 タニシ インミッション Nidhogg 比較表 PITFALL ベーカリー 塩を振る人 Switch くとるふ人形 コラボフード イズフード リフレイン 貴重な生足きゃめこ 人間性 1up犬 CO-OP あかいなみ Chainer 液体拘束 ニーアオートマタ リザードジェネラル DVD スーツ アッタカーイゾーン 炭化 ドリアード 極楽 ジンオウ 破れタイツ をころす服 スーファミ ホシイモ 和服 サチホ飯? 酢服 雷様 ストウブ ブレスオブザワイルド 水中 MHXX オーラ 魔王城 げんじつ ミリアごはん シン サラマンダー メタ酢ラ ポピーザぱフォーマー 生存戦略 オウドン セルフトレーシング メイキング ROGUE-PUKI PaintChainer 味付け スターズ よいくま  たわわチャレンジ NS オムライス 蠕動 盗賊さん ピザ  いらすとや(?) 共闘 ぴっちりシスター ルパン ミミズ 緑の森のフルール VioToXica 胃液 VittoXica TASローリング ワルキューレをだめにする ひえぴた 理想と現実 ポリゴン ハナ  ミライ飯 キュベレー 鍋パーティ 謎肉祭 秋まつり ザワークラフト ショウノウ トリート ダンボール なんとか姫 退魔巫女遊戯 おやすみ Q550 ワンタン 考察 ミカド 魔法少女リィル 水ようかん 買い物 スリップ カレイドサファイア わかめ Shantae 鏡餅 服破れ カットイン ゾンビ おだんご NinjaSmasher うめぼし 3DS クイーンビー 日常 キス ハチノス FateGO ユドウフ G級 D-gateの誕生日 天狗 hatyo 都会のネズミ 小角鬼 ロゼと黄昏の古城 ダウン たくあんとバツの日常閻魔帳 もんくす・くえすと! 番組表 だっこ さぶうぇい 冬毛 ブロマイド(?) 見切れる DQ4 メジェド ワンパンマン 百合? ハナショット 君の名は。 ありっ 8bit かいかた 笑っていいとも モロッコヨーグルト 錬金釜 サザエ 背景加工 密着 取り込み 崩壊サチホ家 おでんカレー お茶  正座 透け だといいな 服溶け 不死鳥のようなゾンビ ←が健康なのは多分サチホ飯のおかげです ダンサブル 酢ヌーズ グッズ チキンサイズ ゆたんぽ イメチェン 眼鏡 ニョロニョロ もふった 新種発見 びちょびちょ ガンダム 防水母グッズ 女神の鎧 しお味 寒さ ドーナツ おもち 出前 即死 ストーブ 抱き枕カバー風味 りはびり ⊿体位 柔軟 羽飾り お絵かき 喇叭 エキドナ寿司 攻略 タブPC 民族衣装? スーパーキノコ リハビリ 貫通 PPAP ガッツ低下中 クラゲ キンキン メタスラ 飛び道具 

リンク
QRコード
QRコード